狭小住宅で後悔しないコツ

狭小住宅を建てる場合、「土地の狭さや建物の制限」「間取りの工夫や収納アイデア」など、狭小地のポテンシャルを引き出す優れた施工を必要とします。そのため、一般的な広さの家を建てるのより、家づくりのハードルは高くなると考えておいた方がいいです。

せっかく建てた狭小住宅に住んでみて、、、

掃除や洗濯をするのに、2階と3階を行ったり来たり…。なんどもなんども。もう少し家事動線を意識した間取りにしておけばよかった…。
収納スペースをもっと余分にとっておけば…。あとで購入した収納棚や収納ラックは圧迫感がかなり強め。モノで溢れたキッチンまわりではいつもイライラ…。

こんな後悔や失敗の経験、絶対にしたくありませんよね?
狭小地の購入前に知って欲しい!建ぺい率や容積率の規制や建物の高さ制限、狭小住宅ブログで分かる!失敗・後悔しない為のポイントなど。快適な狭小住宅を建てるための役立つ情報をご紹介します。

「失敗・後悔しない!狭小住宅を建てる為のポイント」記事一覧

狭小住宅に住んでみて「失敗した」「後悔の連続」なんて思いは絶対にしたくないですよね?こんな方にオススメの記事をまとめました。狭小住宅ブログで分かる!失敗・後悔しないコツ、建ぺい率・容積率の規制、用途地域・斜線制限ってなに?など。理想の狭小住宅を建てるために役立つ情報をご紹介します。

「用途地域・斜線制限」とは?土地の用途と建物の高さ制限狭小住宅で後悔しないコツ

斜線制限とは?用途地域って何?「北側斜線制限」「道路斜線制限」も分かりやすく解説します

土地を探す前に知っておくべき重要なルールが「用途地域」「斜線制限」です。土地には、13種類に区分けしたエリアで建てられる建物の種類・用途が決められていて、「北側斜線制限」や「道路斜線制限」などの制限によって建物の高さや形なども細かくルール付けされています。この記事では「用途地域って何?」「斜線制限とは?」を解決させる、土地・建物の規制や制限を分かりやすくご紹介します。

「建ぺい率・容積率」とは?土地・建物の規制や制限について狭小住宅で後悔しないコツ

建ぺい率・容積率とは?計算方法や調べ方、「建ぺい率60%・容積率200%」で建てられる家の大きさとは?

「建ぺい率・容積率」ってどんな制限?この記事では、土地ごとに決められた建物の大きさ・広さの上限「建ぺい率」「容積率」の基本的なルール、計算方法、容積率を緩和させて床面積を増やす方法など、狭小住宅を建てるなら知っておくべき!土地・建物の規制や制限について詳しくご紹介します。