狭小住宅とは

狭小住宅とは、およそ15坪(50㎡)以下の狭い土地に建てられる住宅のこと。限られた敷地を最大限に有効活用した間取りの工夫、快適な生活空間をデザインする設計のアイデアなど、土地の条件に合わせた個性的な住まいづくりができるのが狭小住宅です。
利便性のいい都心の暮らし、外観からは想像できない広々スペース、機能的な間取りレイアウトなど。狭小住宅にはさまざまなメリット、そして魅力が備わっています。

狭小住宅といえば、、、
狭くて窮屈。住みづらいイメージ。
価格は割高で子育て家族には向かない印象。

いえいえ、とんでもないです!
狭小住宅は、ライフスタイルを豊かにするピッタリの暮らしを叶えてくれます。また、土地代を安くトータルコストで見ると割安なケースも。

狭小住宅の特徴やメリットとデメリット、価格や費用の相場、後悔しないための注意点やオススメの家づくりブログなど。狭小住宅の疑問や悩みを解決するピッタリの情報を見つけてください。

「狭小住宅ってどんな家?」が分かる!記事一覧

狭小住宅とはどんな家?メリットやデメリットとは?狭小住宅を建てる価格の目安や費用の相場、後悔しないための注意点など。狭小住宅を検討する方に役立つ情報をまとめてご紹介します。

狭小地とは?狭小土地の購入前に知っておきたい!メリット・デメリット狭小住宅とは

狭小地とは?狭小土地の購入前に知っておきたい!メリット・デメリット

狭小地(きょうしょうち)とは、文字通り狭い土地のこと。明確な定義はありませんが、およそ15~20坪以下の狭い土地のことを指すのが一般的です。狭小地や変形地にはどんなメリットがあって、デメリットはどれほど大きいのか?「狭小地の特徴と活用法」をテーマに、狭小土地を購入する前に抑えておくべきポイントをご紹介します。

狭小住宅とは?狭い土地に建てる「コンパクトハウス」のメリット・デメリット狭小住宅とは

狭小住宅とは?メリットとデメリット

狭小住宅とは、およそ15坪以下の狭小地に建てられるコンパクトハウスのことで、狭い土地を有効活用して建てる特徴的な設計方法から、主に都心部で人気の住まいです。この記事では『狭小住宅とは?』を基本テーマに、狭小地に建てる小さい家の特徴、メリットとデメリット、デメリットを補う工夫やアイデアをご紹介します。