【ダイワハウスの狭小住宅】価格や間取り・口コミ評判

【ダイワハウスの狭小住宅】価格や間取り・口コミ評判

ダイワハウス

  • ローコスト
  • ハイグレード
坪単価の目安:
70 万円 ~ 200 万円
口コミ評判:
3.40
口コミ件数:
1件

ダイワハウスは、1955年の創業以来「建築の工業化」を企業理念として、戸建て住宅事業を中心に、賃貸住宅や分譲マンション、商業施設や一般建築など幅広い事業を手掛ける住宅業界最大手のハウスメーカー。日本で初めてプレハブ住宅を世に送り出した会社としても有名で、人気タレントを多数起用した印象に残るテレビCMで住宅メーカーとしてのブランドを確立してきたのも大きな特徴です。

\ おすすめ情報 /

ダイワハウスの狭小住宅ってどんな家?

「高さ」と「強さ」を両立した自然災害にも負けない!鉄骨造の丈夫な家づくり

オススメポイント
  • 業界屈指の耐震技術で安全・安心な住まいづくり
  • 敷地の価値を効率的に活かせる3階建て重量鉄骨住宅
  • 独自の軽量鉄骨ブレース構造で「各階+一帖」の空間をプラス

ダイワハウス最大の特徴は、商業ビルや高層マンションの建築ノウハウを活かして建てる鉄骨系の丈夫な家づくり。狭小地に対応したプランでは、軽量鉄骨ブレース構造が採用された「xevo03」、高い耐震性能とプラン自由度を両立した重量鉄骨「skye3」が代表的な商品です。

鉄骨造3階建て狭小プラン「xevo03」

鉄骨造3階建て狭小プラン「xevo03」の画像

ダイワハウスの鉄骨造3階建て狭小プラン「xevo03(ジーヴォ・ゼロサン)」は、トシナカの3階建てに相応しい独自の「軽量鉄骨ブレース構造」を採用。従来の重量鉄骨ラーメン構造とは違い、柱型を壁の中にすっきり収めることで無駄のない空間活用と自由度の高いレイアウトを実現しています。

「xevo03」軽量鉄骨ブレース構造のメリット

また、壁の厚みも一般的な重量鉄骨造の約半分(74.5ミリ)に抑えられるため、スペース活用の幅を広げることができ、延床面積120㎡の建物の場合、各階で約1帖のゆとりを生み出すことができます。xevo03最大の特徴は、各階1帖のゆとりスペースを生み出せる構造上の工夫と言えるでしょう。

「xevo03」の特徴・おすすめポイント

  • 新システムによる耐震性の強化・設計自由度の拡大
  • 【広さ】一般的な重量鉄骨造と比べて各階プラス1帖分の有効面積を実現
  • 【心地良さ】自然を「賢く」活用し、自然とうまく付き合う「快適な」都市型エコ住宅

重量鉄骨造3階建て狭小プラン「skye3」

重量骨造3階建て狭小プラン「skye03」の画像

skye3は「もっとをかなえる3階建て」をコンセプトにした重量鉄骨ラーメン構造の3階建て住宅。都市部の厳しい敷地条件に対応しながら、広がりと明るさのある空間を実現する「skyful design」の内外観デザインが大きな特徴です。

「skye3」の特徴・おすすめポイント

  • 新たに開発した新「DRF構法」に加え、繰り返しの地震に強い「Σ形制震パネル」を搭載
  • 天井高最大約6mの広がりと明るさを兼ね備えた「Air GranLiving(エアグランリビング)」
  • 業界最小モジュールなどを取り入れることで、限られた敷地を最大限活用できる「敷地対応力」
  • 「skyful design(スカイフルデザイン)」で実現した開放的な内外観デザイン
  • 標準で「ZEH断熱」と「構造防水初期保証30年と長期保証60年」を実現

ダイワハウスといえば、工業化住宅の先駆け的な老舗ハウスメーカーと言われています。軽量鉄骨から重量鉄骨といった骨太のハイグレード住宅をイメージする方も多くいると思いますが、「xevo03」や「skye3」といった狭小地に対応する都市型の住宅プランも用意されています。

耐震性に優れて耐久力も強い!鉄骨系の3階建て狭小住宅が気になる』という方にはダイワハウスの狭小住宅プランはおすすめです。ハウスメーカー選びの候補に加えてみてもいいでしょう。

家づくりプランをまとめて一括請求!!
間取りプランの作成・見積もり比較はコチラ

【PR】タウンライフ株式会社

ダイワハウスの狭小住宅 価格や坪単価の目安

ダイワハウスの坪単価は、およそ『70万円~200万円』が目安になっています。
ダイワハウスの商品プランには、一般的な戸建住宅の他にも「賃貸併用住宅」や「店舗併用住宅」など幅広い商品がラインナップされています。そのため、坪単価でみた価格帯の目安としては大きく幅がありますが、先ほどご紹介した「xevo03」の坪単価は「80万~90万円程度」、「skye3」の坪単価は「80万~130万円程度」とされています。平均的な戸建て住宅の坪単価は「70万円~150万円」がボリュームラインと考えておいていいでしょう。

他の大手ハウスメーカーと比べてもダイワハウスの坪単価はやや高めです。しかし、工業化住宅のパイオニアとして培った安全性の高い家づくり、長期保証や手厚いアフターフォローなど、その価格以上の価値ある住まいづくりがダイワハウスならできます。
また、ご紹介した坪単価は土地の条件や間取りの作り方、オプションの追加などによって価格帯は違ってくるため、あくまで目安としてお考えください。

延床面積で価格帯をシュミレーションしてみる

延床面積本体価格の目安
20坪(約66.12㎡)1400万円 ~ 4000万円
25坪(約82.64㎡)1750万円 ~ 5000万円
30坪(約99.17㎡)2100万円 ~
35坪(約115.70㎡)2450万円 ~

※上記の価格帯は坪単価を基準にした目安です。土地の広さや周辺環境、商品プランや間取りのプランニングによって価格帯は違ってきますので予めご注意ください。あくまで参考価格としてご覧になってください。

同じ価格帯の狭小住宅ハウスメーカー・工務店を探す

住宅メーカー分類価格帯坪単価の目安
パナソニックホームズハウスメーカー
  • ローコスト
  • ハイグレード
70万円150万円
へーベルハウスハウスメーカー
  • ローコスト
  • ハイグレード
70万円150万円
三菱地所ホームハウスメーカー
  • ローコスト
  • ハイグレード
70万円160万円
KADel工務店
  • ローコスト
  • ハイグレード
70万円90万円
家づくりプランをまとめて一括請求!!
間取りプランの作成・見積もり比較はコチラ

【PR】タウンライフ株式会社

ダイワハウスの狭小住宅プラン 間取り実例

「xevo03の間取り実例」デッドスペースを有効活用した都市部の家

xevo03の間取り図画像
◆施工データ
敷地面積:71.98m2(21.77坪)
延床面積:106.58m2(32.24坪)
1階:42.39m2
2階:40.68m2
3階:23.51m2

出展:ダイワハウス

玄関

xevo03の間取り実例「玄関」

1階主寝室

xevo03の間取り実例「主寝室」

2階リビング

xevo03の間取り実例「リビング」

キッチン

xevo03の間取り実例「キッチン」

3階居室

xevo03の間取り実例「居室」

斜線制限などの法規制をクリアしながら建てた「xevo03」の間取り実例。敷地面積「約21坪」の限られた敷地を有効活用した間取りの工夫、スペース活用のアイデアが盛込まれた間取りです。老朽化した家をフルリフォームして建てた新しい住まいは、間取りや動線の取り方にこだわりデッドスペースを有効活用した都市部の家に仕上げられています。

「skye3の間取り例」LDKとバルコニーが一体化した開放的な空間設計

skye3の間取り実例「外観画像」
skye3の間取り図画像
◆施工データ
延床面積:215.67m2(65.24坪)
・1階床面積:64.65m2 / 天井高:2m40cm
・2階床面積:77.05m2 / 天井高:2m72cm
・3階床面積:73.97m2 / 天井高:2m40cm

出展:ダイワハウス

屋内と屋外を繋ぐ「フラットスルーウインドウ」

skye3の間取り実例「フラットスルーウインドウ」

防音仕様の「快適ワークスペース」

skye3の間取り実例「快適ワークスペース」

「skye3の間取り例」ビルドインガレージ付き3階建て住宅

skye3の間取り実例「外観画像」
skye3の間取り図画像 1階 skye3の間取り図画像 2階 skye3の間取り図画像 3階
◆施工データ
延床面積:249.18m2(75.37坪)
・1階床面積:86.70m2 / 天井高:2m40cm
・2階床面積:101.67m2 / 天井高:2m72cm
・3階床面積:60.81m2 / 天井高:2m40cm

出展:ダイワハウス


ダイワハウスの狭小住宅プラン「xevo03」と「skye3」の間取りをご紹介しました。いかがでしたか?鉄骨造ならではの耐震・耐久性、間取りの自由度・敷地の対応力も十分、ダイワハウスの優れた技術が盛込まれた間取りといえるでしょう。

家づくりプランをまとめて一括請求!!
間取りプランの作成・見積もり比較はコチラ

【PR】タウンライフ株式会社

ダイワハウスの会社概要・対応エリア

会社概要

会社名:大和ハウス工業株式会社
本社所在地:大阪府大阪市北区梅田3-3-5
設立年月日:1955年4月
電話番号:06-6346-2111
URL:https://www.daiwahouse.co.jp/
売上高:4兆1,268億円(2021年3月期)

対応エリア・施工地域

北海道:北海道
東北:青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
関東:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
甲信越・北陸:新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県
東海:岐阜県、静岡県、愛知県、三重県
関西:滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
中国:鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
四国:徳島県、香川県、愛媛県、高知県
九州・沖縄:福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

※対応エリア・施工地域は営業所・店舗情報から参照しています。市区群の詳細地域、商品プランによっては対応していない可能性があるため、公式ホームページから最新情報をご確認ください。

ダイワハウスの口コミ評判

みんなの総合評価

3.40
価格の満足度 3
住宅性能・設備 3
間取りの提案力 4
暮らしの快適度 4
保証・サポート 3

クチコミ評価の一覧 (1 件)

  1. TOMOc さん:
    口コミ評価
     3.4点
    価格の満足度:3住宅性能・設備:3間取りの提案力:4暮らしの快適度:4保証・サポート:3

    展示場であらかじめ決めていたハウスメーカーをいつくか周って、一番優秀だな、と感じたのがダイワハウスさんでした。

    あれこれ迷いに迷って、何度も打合せを重ねてしまいましたがイヤな顔もせず、逆に色んなアドバイスを受けられました。

口コミ評判を投稿する

住宅メーカーの評価を投稿

妥協しない!理想の住まいづくり
狭小住宅が得意な「ハウスメーカー&工務店」をこだわり条件で探す!
タウンライフ家づくり

毎月5000人以上、累計110万人が利用する、住宅カタログ&見積もり比較サービス「タウンライフ家づくり」をご存知でしょうか?

  • 条件にあった工務店・ハウスメーカーのカタログをお取り寄せできる
  • 家づくりの希望にあわせてオリジナル間取りプランを作成してくれる
  • 概算見積もりを手元にそろえて費用の比較・予算の検討ができる
  • 住みたい地域・予算にあわせた土地の提案・アドバイスを受けられる

「依頼先選び」「予算の検討」「土地選び」「間取り決め」、家を建てるのに必要な課題の数々を解決へと導いてくれる便利なWebサービス、それが「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくりでできるコト

タウンライフ家づくりの特徴・サービス内容

タウンライフ家づくりのサービス内容は、大きく「間取りプランの作成」「資金計画の提案」「土地探しのサポート」の3つです。

【無料】タウンライフ家づくりでできるコト

  • オリジナル家づくり計画書がもらえる
  • 希望にあった間取りプランを作ってくれる
  • 費用の目安・見積もり書をお取り寄せできる
  • あなたに合った資金計画を提案してくれる
  • 土地情報の提案・アドバイスを受けられる
  • 複数の住宅カタログをまとめて請求できる

理想の住まいづくりを叶えるために必要な情報を、あなたの要望や希望をふまえた「オリジナル家づくり計画書」としてお取り寄せできます。しかも、利用はすべて完全無料!パソコン・スマホ・タブレットにも対応しています。

全国800社以上の会社と提携!ぴったりの依頼先が見つかる!

タウンライフ家づくりが提携するのは、全国800社以上の工務店やハウスメーカーです。テレビCMなどで見かける大手ハウスメーカーから地域密着の工務店など、厳格な国家基準をクリアした信頼できる会社のみに厳選されています。

タウンライフ家づくりが提携する「大手ハウスメーカー」の画像

こんな疑問や悩みを抱えていませんか?

  • 家を建てるのに何から始めるべきか分からない
  • 手間を掛けずに複数のハウスメーカーを比較したい
  • プロが作成する間取りパターンを参考にしたい
  • 今の収入・準備資金で建てられる家の相場を知りたい
  • 希望するエリアの土地情報もあわせて取り寄せたい

あなたが抱えている数々の課題について、タウンライフ家づくりが解決へと導いてくれるはずです。

タウンライフ家づくりを有効活用して、家族全員が大満足できる納得の「住まいづくり&理想の暮らし」を手に入れて下さい。

予算の条件・希望エリアにあわせた「間取りプラン」「費用の見積もり」「土地探しの提案」を取寄せる方法 予算の条件・希望エリアにあわせた「間取りプラン」「費用の見積もり」「土地探しの提案」を取寄せる方法

【PR】タウンライフ株式会社

ABOUT US

T.YOSHINOBU
T.YOSHINOBU住まいアドバイザー
昭和55年生まれ。香川県出身。土木業、とび職、飲食業、広告代理店業を経て、現在は不動産関連の情報サイトを手掛けるWEBディレクターとして勤務。家づくり・住まいに関連した幅広い情報に触れてきた経験から「住まいアドバイザー」「建築材料インストラクター」の資格を取得。自身の家づくりの経験と資格を活かして、不動産に関連した数多くの記事を執筆中。