積水ハウスの坪単価は?評判はどう?実際に建てた人の口コミ評判・価格帯のまとめ

積水ハウスの坪単価は?評判はどう?実際に建てた人の口コミ評判・価格帯のまとめ

積水ハウス

  • ローコスト
  • ハイグレード
坪単価の目安:
60 万円 ~ 150 万円
口コミ評判:
0
口コミ件数:
0件

積水ハウスは、累積建築戸数世界一の250万戸超を誇る、国内最大手・世界有数の大手ハウスメーカー。高い構造強度と設計の自由度を両立させた「3つのオリジナル構法」、大きな地震にも対応する「高い耐震技術」、優れた耐久性とデザイン性を兼ね備えた「オリジナル外壁」など。業界№1の実績を誇る積水ハウスだからこそ叶えられる、高品質の注文住宅を建てることができます。

\ おすすめ情報 /

積水ハウスの注文住宅ってどんな家?特徴・メリットは?

積水ハウスの注文住宅ってどんな家?特徴・メリットは?

積水ハウスが提供する狭小住宅プランをご紹介する前に、

積水ハウスの注文住宅ってどんな家?他のハウスメーカーとの違い・メリットは?

こんな疑問を持つ方のために、「業界№1」を誇る積水ハウスの注文住宅について、その特徴や独自の構法、品質や性能などを分かりやすくまとめてみました。まずは、積水ハウスの魅力について解説します。

先進技術を駆使した「優れた性能と安全性」を備え、暮らし方やこだわりをデザインする「邸別自由設計」の注文住宅

積水ハウスの注文住宅、最大の特徴といえば「先進技術を駆使して建てる”邸別自由設計”の家」です。

一般的には設計の自由度が低いとされる鉄骨造でありながら、積水ハウスのオリジナル構法によって高い構造強度と設計の自由度を両立。一邸ごとに異なる敷地や気候条件に適した住まいをご提案しています。

オススメポイント
  • 高い構造強度と設計の自由度を両立させた「3つのオリジナル構法システム」
  • 「震度7クラス」の大地震を想定した高い耐震技術
  • 高い耐久性とデザイン性を兼ね備えた「オリジナル外壁」
  • 住宅性能4項目で「最高等級」に対応。さらに「省エネ最上位等級仕様」も標準化
  • 初期30年の長期保証制度に無料点検と「アフターサポート」が充実

高い構造強度と設計の自由度を両立させた「3つのオリジナル構法」

積水ハウスが掲げる、”家づくりの要望に対して1棟ごと応える「邸別自由設計」というモットー”。これを支えているのが積水ハウスが誇る3つのオリジナル構法、「ダイナミックフレーム・システム」「フレキシブルβシステム」「シャーウッド構法」です。

ダイナミックフレーム・システム(鉄骨1・2階建て)
積水ハウスの「ダイナミックフレーム・システム」とは?

ダイナミックフレーム・システムとは、最大スパン7000mmの大空間リビングを柱や間仕切りなしでも計画できる、高強度の梁「ダイナミックビーム」を採用した独自の軽量鉄骨法。

天井高サッシと組み合わせることでスッキリとした空間を演出でき、梁の一部を化粧囲いすることでこれまでにない大空間を実現します。また、高い耐震性を備えながらダイナミックで変化に富んだ魅力的な空間デザインにできるのも大きな特徴です。

フレキシブルβシステム(鉄骨3・4階建て)
積水ハウスの「フレキシブルβシステム」とは?

フレキシブルβシステムとは、間取りの自由度を妨げていた「通し柱」を不要とした梁勝ちラーメン構造のこと。各階の柱の位置を自由に動かすことができるので、コーナーに窓を設置したり開口部を大きくするなど、暮らしのニーズに合わせた自由なデザインを実現しています。

積水ハウスの「フレキシブルβシステム」スローリビング・Before・After
シャーウッド構法(木造1~3階建て)
積水ハウスの「シャーウッド構法」とは?

シャーウッド構法とは、木造住宅に鉄骨住宅のノウハウを取り入れた独自開発の木造軸組構法のこと。「MJ(メタルジョイント)接合システム」、「基礎ダイレクトジョイント」、「高強度耐力壁」3つの技術によって、高い耐震性と安全性、設計の自由度の両立を実現しています。

積水ハウスの「シャーウッドハイブリッド構造」の

「震度7クラス」の大地震を想定した高い耐震技術

積水ハウスの特徴のひとつ、鉄骨造と木造でそれぞれ異なる耐震技術が用いられていること。なかでも、鉄骨1・2階建てに採用されている制震構造システム「シーカス」は、震度7クラスの大地震への対応を想定した高い耐震技術が備わっています。

制震構造システム「シーカス」
積水ハウスの制震構造システム「シーカス」とは?

シーカスは、積水ハウスが10年以上の研究を重ねて開発した地震エネルギー吸収システムのこと。シーカスのフレームに組み込まれたK字型ダンパーが、地震エネルギーを熱エネルギーに変換して吸収して地震による建物の変形を1/2以下に抑える効果があるとのこと。

また、シーカスの性能は実大モデルによる振動実験でも示され、兵庫県南部地震の約10倍のエネルギーを加えても倒壊することなく、外壁の割れ・脱落もなかったことが証明されています。

高い耐久性とデザイン性を兼ね備えた「オリジナル外壁」

積水ハウスの魅力のひとつが、高い耐久性とデザイン性を兼ね備えた独自開発のオリジナル外壁が採用されていること。

ダインコンクリート(鉄骨1・2階建て)
積水ハウスのオリジナル外壁「ダインコンクリート」とは?

ダインコンクリートとは、鉄筋コンクリート「RC」の良さを残しつつ弱点を改善させた積水ハウスのオリジナル外壁のこと。RCがもつ強度にすぐれ燃えないというメリットを引き継ぎつつ、無機質で品質管理が難しいというデメリットを解消。

外壁としての高強度と高耐久の性能をもちながら、気品あるデザイン性も備えているのが大きな魅力です。

セラブリッド(鉄骨1・2階建て)
積水ハウスのオリジナル外壁「セラブリッド」とは?

セラブリッドとは、セラミックの外壁基材を強く柔軟な鉄版と陶製フレームで補強したハイブリッド構造のオリジナル外壁のこと。暴風や飛来物などの衝撃に強く、すぐれた防火、防汚性能が大きな特徴。

シェルテック・コンクリート(鉄骨3・4階建て)
積水ハウスのオリジナル外壁「シェルテック・コンクリート」とは?

シェルテック・コンクリートとは、強靭さ、耐久性、軽量性、耐火性を備えたオリジナル外壁。積水ハウスの鉄骨3・4階建て商品に採用されています。

強度が一般のコンクリートと比べて2倍、しかし比重は1.4倍と軽量。風速60mの大型台風に相当する風圧にも耐え、建築基準法が定める防火基準をはるかにしのぐ1時間の耐火試験をクリア、国土交通大臣の認定を受けています。これにより、制限の厳しい「防火地域」でも建築を可能としています。

SC25セラミックウォール(鉄骨3・4階建て)
積水ハウスのオリジナル外壁「SC25セラミックウォール」とは?

SC25セラミックウォールとは、セラミック基材と鋼材のフレームを一体化させることで、長期の日照りや雨風にさらされても反りや歪みを防ぐように設計された複合構造外壁。積水ハウスの鉄骨3・4階建て商品に採用されています。

陶板外壁・ベルバーン(木造1~3階建て)
積水ハウスのオリジナル外壁「陶板外壁・ベルバーン」とは?

ベルバーンは、積水ハウスの木造住宅「シャーウッド」に採用されている外壁です。

ベルバーンは陶器と同じ素材、同じ製法でつくられており、焼き物の長所を活かすことで紫外線による色褪せがなく湿気や熱にも強いという特徴があります。また、半永久的に色褪せず焼き物ならではの木と魅力を引き出す独特な味わいも魅力のひとつです。

住宅性能4項目で「最高等級」に対応。さらに「省エネ最上位等級仕様」も標準化

積水ハウスが選ばれる大きな理由のひとつが住宅性能の高さ。住宅性能評価のうち主要4項目で「最高等級」に対応。

さらに、住宅性能表示制度の省エネルギー等級の最上位として新設されるZEH水準の「断熱等性能等級5」「一次エネルギー消費量等級6」の仕様が2022年4月1日より標準化されています。

住宅性能4項目で「最高等級」に対応
標準仕様
  • 耐震等級3(最高)
  • 耐風等級2(最高)
  • 劣化対策等級3(最高)
  • 維持管理対策等級3(最高)
  • 感知警報装置設置等級4(最高)
  • ホルムアルデヒド発散等級3(最高)
  • 断熱等性能等級5(最高)
  • 一次エネルギー消費量等級6(最高)

積水ハウスの注文住宅は、構造の安定(耐震性・耐風性)、劣化の軽減(耐久性)、空気環境(健康・化学物質対策)、温熱環境(省エネ対策)の4項目において、「最高等級」に対応。標準仕様で安全性が高く高品質な住まいを手にすることができます。

省エネ最上位等級仕様を標準化。ZEH水準の「断熱等性能等級5」「一時エネルギー消費量等級6」に対応

積水ハウスは、2022年4月より改正される住宅性能表示制度にあわせて、住宅性能表示制度の省エネルギー等級の最上位として新設される、ZEH 水準の「断熱等性能等級5」「一次エネルギー消費量等級6」の仕様を標準化。

また、積水ハウスの注文住宅は、標準仕様で「長期優良住宅認定制度」の基準をクリアしているのも大きな特徴。「住宅ローン減税」や「固定資産税の軽減」といった、さまざまな税制優遇を受けることができます。

初期30年の長期保証制度に無料点検と「アフターサポート」が充実

積水ハウスの注文住宅は、「アフターサポートが充実」しているのも大きな特徴。

長期保証制度構造躯体と雨水の侵入を防止する部分について、「初期30年保証制度」を適用。初期保証終了後でも必要な有料点検・有償工事を行うことで、建物がある限りいつまでも保証が延長できます。
アフターメンテナンス引き渡し後、専任スタッフが定期点検サービスを実施。また、独自の住宅履歴情報の蓄積・更新台帳「いえろぐ」の導入によって、補修箇所の確認や必要部材の手配などを迅速かつ的確に行うことが可能に。
アフターサポート24時間365日受付の「カスタマーズセンターオーナーデスク」を開設。全従業員の約1割にあたる約1450人の選任スタッフが対応する。

ここまで、積水ハウスの特徴やメリットなどをご紹介してきました。いかがでしたか?

業界トップクラスの高い住宅性能を備えながら、さまざまな要望にも応えられる設計の自由度も備わる家、「安心して長く暮らせる家を建てたい。省エネ・創エネ住宅にも興味がある。」といった方には積水ハウスはオススメです。

さて、ご紹介してきた積水ハウスの特徴・品質をふまえて、狭小地にも対応する狭小住宅プランを見ていきましょう。鉄骨3・4階建て都市型・狭小プラン「BIENA(ビエナ)」をご紹介します。

積水ハウスの狭小住宅・小さい家の特徴・メリットとは?

【鉄骨3・4階建て】都市型・狭小住宅プラン「BIENA(ビエナ)」

鉄骨3・4階建て狭小プラン「BIENA(ビエナ)」の外観

積水ハウスの狭小プラン「BIENA(ビエナ)」は、限られた土地を最大限に活かしながら各階の間取りを自由に設計できる鉄骨3・4階建て住宅。1階~3階までの通し柱を必要とせず、各階で柱位置を自由に決められる「フレキシブルβシステム」が採用されています。

ビエナなら、上階に広々としたリビングを設けたり、大きな窓で眺望を楽しめることはもちろん、採光や通風を確保した快適かつ自在な空間づくりが可能になります。また、柱や窓の位置を自由に設定でき、二世帯住宅や店舗併用住宅にも対応しているのも特徴のひとつ。

「BIENA(ビエナ)」の特徴・オススメポイント

  • 「フレキシブルβシステム」の採用で、各階の間取り・デザインは自由に設計可能。
  • 限られた敷地を最大限に活かしながら快適な生活空間を作れる。
  • 二世帯住宅・店舗併用住宅にも対応。
  • 温度差の少ない住空間を実現する「ぐるりん断熱」が標準装備。
1. 「フレキシブルβシステム」の採用で、各階の間取り・デザインは自由に設計可能。

ビエナ最大の特徴は、各階の間取り・デザインを自由に設計できること。

「BIENA(ビエナ)」の特徴

「高い構造強度と設計の自由度を両立させた「3つのオリジナル構法」」でご紹介した、「フレキシブルβシステム」が採用されています。これによって、大開口や広々としたバルコニーを設置するなど、自由度の高い空間デザインが可能になっています。

また、3種類の天井高を選ぶことができるのもビエナの特徴。天井高2,210mm、2,410mm、2600mmの3種類から、自分好みの天井高空間を設計することができます。

2. 限られた敷地を最大限に活かしながら快適な生活空間を作れる。

ビエナは各階を25cmきざみで設計できるので、狭小地や複雑な変形地でも敷地をぎりぎりまで活用可能。都市部にある限られた敷地でも最大限に活用しながら快適な生活空間をつくることができます。

「BIENA(ビエナ)」の特徴

また、外観やサッシなども25cm単位のデザインパターンを用意されているので、設計の自由度が高い外観デザインを実現できます。

3. 二世帯住宅・店舗併用住宅にも対応。

ビエナに採用されている「フレキシブルβシステム」によって、間取りのレイアウトを自由に変えられるだけでなく、家族構成や用途に応じて柔軟な空間づくりが可能です。

「BIENA(ビエナ)」の特徴

たとえば、上階を自宅にして、1階を店舗として活用する。親世帯と子世帯がそれぞれ好みの間取りを提案しながら、程よい距離感で暮らせる二世帯住宅にするなども。

4. 温度差の少ない住空間を実現する「ぐるりん断熱」が標準装備。

小さな熱の出入りを極力抑えるオリジナルな断熱仕様「ぐるりん断熱」を標準装備されているのもビエナの特徴。

「ぐるりん断熱」によって、室内の温度ムラを抑え、四季を通じて温度差の少ない住空間を手にすることができます。また、窓には高性能複層ガラスと断熱サッシを採用。さらに、同社独自の空気環境配慮仕様「エアキス」も標準装備されています。

ビエナなら、温熱性能に優れ、健康にも配慮して、一年中快適な室内環境で暮らすことができます。


ここまで、積水ハウスの狭小住宅プラン「BIENA(ビエナ)」のオススメポイントをご紹介しました。いかがでしたか?

狭小住宅といえば、さまざまな心配や悩みごとが多くなる難易度の高い家づくりの選択です。積水ハウスのビエナなら、数々のハードルを解決しながら理想の住まいづくりを叶えてくれるかも知れません。

さて次のトピックからは、誰もが気になる「価格帯や坪単価の目安」についてご紹介します。積水ハウス全商品の価格帯だけでなく、「ビエナの坪単価」や「坪単価の口コミ評判」も公開していますので是非チェックしてみて下さい。

◆ワンポイントアドバイス◆
狭くても機能的で暮らしやすい家を建てたい!』こんな希望を叶えるためには、狭小住宅を数多く手がけた実績豊富なハウスメーカーを見つけることが重要なポイント。さらに、その会社ごとに違う「提案力・企画力」を見比べるのも大切です。複数の間取りプランを手元に取り寄せて、理想の住まいづくりを叶えてくれるピッタリの会社を見つけて下さい。

PR:タウンライフ家づくり

積水ハウスの坪単価は安い?それとも高い?価格帯・総額費用の目安とは?

「業界№1」を誇る積水ハウスの注文住宅、その性能や安全性の高さ、自由度の高い空間設計など、多くの魅力が伝わったかと思います。一方で、

手が届く価格帯なのか?総額でどれ位の値段になる?
他の大手ハウスメーカーと比べた坪単価の位置づけは?

積水ハウスの価格帯や坪単価の目安が気になるところですよね?

まず、積水ハウスには狭小プランの他にも多くの商品ラインナップが用意されていますが、全体の坪単価でみると、およそ『60万~150万円』が目安です。

積水ハウスの坪単価を数あるハウスメーカー・工務店と比較すると、平均よりやや高い「ハイグレード住宅」に分類できるといっていいでしょう。坪単価の近い大手ハウスメーカーでは「ミサワホーム」、同じ鉄骨系住宅を扱う会社でみると「ダイワハウス」「パナソニックホームズ」「へーベルハウス(旭化成ホームズ)」があげられます。

積水ハウスの狭小プラン「ビエナ」の坪単価は70万円~100万円が目安

積水ハウスの狭小プラン「ビエナ」の坪単価はおよそ『70万~100万円』が目安とされています。オプション追加や設備のグレードなどによって価格は変動するため、あくまで参考程度にとらえておいて下さい。

自由度の高い設計ができることに加えて、二世帯・店舗併用にも対応していることもあって、坪単価のレンジはかなりの幅があります。一方で、標準仕様でハイグレードな家を建てられるのがビエナの魅力。

一定の性能や品質を保ちつつ、価格を安く抑えたい方は設備のグレードダウンやコストカットの工夫を取り入れてみるといいでしょう。

延床面積で価格帯をシュミレーションしてみる

さきほどご紹介したビエナの坪単価を例にして、およその価格帯をシミュレーションしてみましょう。延床面積を「15坪」「20坪」「25坪」「30坪」「40坪」で計算しています。

延床面積本体価格の目安
15坪(約49.59㎡)1050万円 ~ 1500万円
20坪(約66.12㎡)1400万円 ~ 2000万円
25坪(約82.64㎡)1750万円 ~ 2500万円
30坪(約99.17㎡)2100万円 ~ 3000万円
35坪(約115.70㎡)2250万円 ~ 3500万円
40坪(約132.23㎡)2800万円 ~ 4000万円

※上記の価格帯は坪単価を基準にした目安です。土地の広さや周辺環境、商品プランや間取りのプランニングによって価格帯は違ってきますので予めご注意ください。あくまで参考価格としてご覧になってください。

積水ハウスの坪単価に対する評判・口コミ

積水ハウスって高いの?それともコスパは良いの?』という疑問、

実際に積水ハウスで家を購入した方(購入を検討中の方)を対象に、坪単価に対する口コミ・評判をピックアップしてご紹介します。

積水ハウスの坪単価に対する口コミ・評判をみると、ハイグレードに分類される大手ハウスメーカーだけに「高い」と評価する意見が多数。一方で、「自由度の高い間取り」や「アフターサポートの充実」など、積水ハウスのブランド力に魅力を感じている意見も見られました。

同じ価格帯・坪単価のハウスメーカー・工務店を探す

住宅メーカー分類価格帯坪単価の目安
ミサワホームハウスメーカー
  • ローコスト
  • ハイグレード
60万円 ~ 150万
パナソニックホームズハウスメーカー
  • ローコスト
  • ハイグレード
70万円 ~ 150万
へーベルハウスハウスメーカー
  • ローコスト
  • ハイグレード
70万円 ~ 150万
三菱地所ホームハウスメーカー
  • ローコスト
  • ハイグレード
70万円 ~ 160万
ダイワハウスハウスメーカー
  • ローコスト
  • ハイグレード
70万円 ~ 160万
家づくりプランをまとめて一括請求!!
間取りプランの作成・見積もり比較はコチラ

【PR】タウンライフ株式会社

積水ハウスの間取り実例

積水ハウスに依頼するとどんな間取りに仕上がるのか?
土地の広さや坪数に応じた間取りの事例、外観デザインを見てみたい

これまでご紹介してきた特徴や坪単価、総額費用の目安をふまえて、「積水ハウスの間取り事例を参考にしたい!」と考える方も多いのではないでしょうか?このトピックからは、実際に積水ハウスで家を建てた方の事例をもとに、狭小住宅プランの間取りをご紹介します。

外観デザインや間取りのレイアウトだけでなく、内覧・インテリアといった実際にそこで暮らす室内空間もイメージできる内容なので、ぜひ自分好みの間取りがないかチェックしてみて下さい。

【積水ハウス・ビエナの間取り実例】3層の吹抜けと中庭が全体をつなげる開放的な家

中庭を囲むように配置されたLDK、3階まで伸びるダイナミックな吹抜けによって明るく開放的な空間が特徴の家、積水ハウスの3階建て住宅「ビエナ」の間取り事例をご紹介します。

外観デザイン

積水ハウス「BIENA(ビエナ)」の間取り実例

白い外壁にルーバーをあしらったスタイリッシュな外観デザイン。玄関先はバーベキューテラスとしても楽しめる庭に。

間取り図

積水ハウス「BIENA(ビエナ)」の事例・間取り図

内観・インテリア

積水ハウスの間取り画像「内観・インテリア」
積水ハウスの間取り画像「内観・インテリア」
積水ハウスの間取り画像「内観・インテリア」
積水ハウスの間取り画像「内観・インテリア」
積水ハウスの間取り画像「内観・インテリア」
積水ハウスの間取り画像「内観・インテリア」
積水ハウスの間取り画像「内観・インテリア」
積水ハウスの間取り画像「内観・インテリア」
積水ハウスの間取り画像「内観・インテリア」

出展:SUUMO

延床面積170.80㎡(51.6坪)敷地面積270.00㎡(81.6坪)
家族構成夫婦+子ども2人施工会社積水ハウス

積水ハウスの間取り実例「鉄骨3階建て・ビエナ」をご紹介しましたがいかがでしたか?気になる間取りや参考にしたいレイアウトの工夫、インテリアの配置など見つかったでしょうか?

今回ご紹介したお宅は「面白い家を建てたい」という考えから、デザインにこだわりつつも耐震性やアフターフォローにも気を配った結果、積水ハウスに依頼することになったようです。

3階まで伸びる圧巻の吹抜けに中庭を囲むように配置されたレイアウト、上階から光が階下に降り注ぐ明るく開放的な空間と、施主の要望にしっかりと応える住み心地のいい家に仕上げられています。

家づくりプランをまとめて一括請求!!
間取りプランの作成・見積もり比較はコチラ

【PR】タウンライフ株式会社

積水ハウスの会社概要・対応エリア

会社概要

会社名:積水ハウス株式会社
本社所在地:大阪府大阪市北区大淀中1-1-88
設立年月日:1960年8月
電話番号:0120-31-0137
URL:https://www.sekisuihouse.co.jp/
売上高:2兆4,469億円(2021年1月期)

対応エリア・施工地域

北海道:北海道
東北:青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
関東:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
甲信越・北陸:新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県
東海:岐阜県、静岡県、愛知県、三重県
関西:滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
中国:鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
四国:徳島県、香川県、愛媛県、高知県
九州・沖縄:福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

※対応エリア・施工地域は営業所・店舗情報から参照しています。市区群の詳細地域、商品プランによっては対応していない可能性があるため、公式ホームページから最新情報をご確認ください。

積水ハウスの口コミ評判

みんなの総合評価

0
価格の満足度 0
住宅性能・設備 0
間取りの提案力 0
暮らしの快適度 0
保証・サポート 0
口コミ評判を投稿する

住宅メーカーの評価を投稿

希望価格・理想間取り
ぴったりハウスメーカー見つける方法!!

毎月5000人以上、累計110万人が利用する、住宅カタログ&見積もり比較サービス「タウンライフ家づくり」をご存知でしょうか?

タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりでできるコト

  • オリジナル家づくり計画書がもらえる
  • 希望にあった間取りプランを作ってくれる
  • 費用の目安・見積もり書をお取り寄せできる
  • あなたに合った資金計画を提案してくれる
  • 土地情報の提案・アドバイスを受けられる
  • 複数の住宅カタログをまとめて請求できる

「依頼先選び」「予算の検討」「土地選び」「間取り決め」、家を建てるのに必要な課題の数々を解決へと導いてくれる便利なWebサービス、それが「タウンライフ家づくり」です。

理想の住まいづくりを叶えるために必要な情報を、あなたの要望や希望をふまえた「オリジナル家づくり計画書」としてお取り寄せできます。しかも、利用はすべて完全無料!パソコン・スマホ・タブレットにも対応しています。

ABOUT US

T.YOSHINOBU
T.YOSHINOBU住まいアドバイザー
昭和55年生まれ。香川県出身。土木業、とび職、飲食業、広告代理店業を経て、現在は不動産関連の情報サイトを手掛けるWEBディレクターとして勤務。家づくり・住まいに関連した幅広い情報に触れてきた経験から「住まいアドバイザー」「建築材料インストラクター」の資格を取得。自身の家づくりの経験と資格を活かして、不動産に関連した数多くの記事を執筆中。